ソリオバンディッドで車中泊! 万能グッズはこれだ!

こんにちは!
最近急に寒くなってきたよね~。
本格的な冬が来る前に、紅葉狩りしながらキャンプ! したくならない?

夜明けと共に空気が冷えた中で飲むホットコーヒーとか、絶対美味しいと思うんだよね!
そこで! 今回は攻める車、ソリオバンディッド車中泊キャンプに行くことを想定して
オススメグッズを紹介したいと思います!

 

《ソリオバンディッド》車中泊に最適な人数は?

引用:スズキ公式

たくみ
ソリオバンディッドは5人乗りなんだよね
しょーこ
でも、車中泊となると寝る場所を確保したいから後部座席はイス倒したい
たくみ
そう、そこなんだよね。だから、完全に車中泊とするならば、一人か二人がベストだと思う
しょーこ
完全に車中泊ってどういう意味? 
たくみ
うん? 寝る場所はテントとかにして車の中で寝ないキャンプもあるかな~と思って
しょーこ
紛らわしい! それはあなた一人でやって! 

なぜ、いきなりしょーこさんに怒られなけばならないのか…

公式だと、こういう風に荷物を置く事が出来ますよと紹介しています。

引用:スズキ公式

後部座席を倒して、自転車が置けるよ、という図。
これをみると、車中泊を前提するなら積まなきゃいけない荷物もあるし、前も全部倒して~てなるとやっぱり大人二人か、プラス小学校低学年の子供1人ぐらいが限度かな~と思う。

しょーこ
そうね、幼児で神経質な子だと車の中の臭いに敏感で寝なかったりするかもしれいしね
たくみ
僕はどこででも寝られるよ! 
しょーこ
枕が変わったら寝られない人もいるのに、そういう所図太いわよね
たくみ
そ、それは嫌味かな? 嫌味なの? 
しょーこ
さぁ~…

しょーこさんの機嫌が今日はずっと悪いけど、車中泊に最適な人数は大人二名か小学校低学年のお子さん1名ぐらいと判明。

んじゃ、次はお待ちかねのグッズを紹介するね!

 

《スズキバンディッド》車中泊にお勧め 万能グッズ5選

何をメインにするかによって、グッズにも差があると思うんだ。
そこで、ソリオバンディッドの車内に寝ることをメインにしたグッズを紹介していくね!

まずは、これ!

車中泊マット

しょーこ
車中泊マット…? 

そう、車中泊専門のマットが出てるんだ。
イスを倒すだけじゃ凸凹した部分がどうしても気になるよね。

だから、そこを埋めるためにマットを敷いて直立で寝れるようにするんだ。

空気を入れるエアマットやフルフラットタイプがあるんだけど、僕はフルフラットをお勧めするよ。

しょーこ
なんでフルフラットなの? エアマットのが安くていいじゃない

車中泊なんて、下手したら毎週行く人もいるぐらい遠出好きもいるんだよ!
エアマットは確かに安いけど、数回使っただけで空気が抜けたっていう声も多いんだ。

多少値が張っても長く重宝するには、高くていい物にしたいじゃない!

 

去年の冬に厚めの寝袋で寝ましたが、眠ることが出来ず、体の節々を痛めてしまったため、車中泊専用マットの購入に至りました。
3月と5月に使用しましたが、痛みを感じることなく快適に眠ることができました
重みもあり、マットがずれるということもありませんでした。

私のソリオの場合は、前座席を後ろに倒して空間を作り、後部座席に頭を向けて使っております。
前方に向かって上り坂になっているので、座布団などを敷くとちょうどよいです。
足元は前座席の座面の上に有るため、空間が空いてしまうため、ここも座布団が必要です。
夏はポリエステル面でもかなり暑くなるので、すのこが有ると良さそうです。

引用:オンリースタイル車中泊専門店

 

しょーこ
これだけ平なら、ぐっすり寝られるわね
たくみ
ソリオとソリオバンディッドの横幅は約100cmだから、このマットはぴったりなんだ
続いては、こちら!

カーテン

しょーこ
カーテンなら、スズキ公式サイトのアクセサリーカタログにあるじゃない、あれで良いんじゃないの? 

うん、そう、あるんだよね。でも、少々値が張るんだよね…。

夏場なら生地が薄くてもいいかもしれないけれど、寒くなってくると生地が薄いとさ、冷気が入ってくるのは極力避けたいんだよね…。

暖房付けっぱなしにする訳にはいかないからさ。

しっかり付きました。

油脂除去剤プライマーが1枚しか同梱されていないので、絶対に足らない。
それと同梱のプライマー、古いのか? 乾燥していて使えなかった。

こういうことを予測して、予備のプライマーを事前購入していたので クリアできた。
取り付けた車はソリオ。

後方は左右のカーテンが中央部で合うようになっているが、 なぜか、中央の上部だけが少し空いてしまっていたが、付け方が悪かったのか、後日、解決。 生地は完璧な遮光性を望む方には向かないが、私には充分である。

明るさ、大事!

ランタン

しょーこ
眩しすぎるのはちょっと頂けないけど、明るいのはほっとするからいいよね
たくみ
車内のルームランプはバッテリー上がる恐れがあるしね! 
しょーこ
持ち運びが出来て、そこそこの明るさが欲しいから白熱灯よりLEDのが火傷しなくていいから便利よね

そうなんだ。電球をぶら下げる…とかもあったけど長時間使用すると熱籠って熱いんだよね。
今はほとんどLEDになってるから、そこも安心ポイントだね。

あとさ、LEDライトで注意して欲しいのはすっごく眩しいのがあること。
何かのタイミングで目に当たった時のあの眩しさは、チカチカするんだよね~。

もぅ、目がーー目がーーでお馴染みのムスカ大佐状態!!

ということで、防水、USB充電可能、眩しすぎない、ぶら下げる事も出来ることから、こちらを紹介するよ!

先日の台風で長時間停電し、懐中電灯ではスポット照明で食事も困るので、ランタン型を探していて本商品に行き着きました。

気に入った点は、①電球色が安らぐ ②リチュームイオン電池の充電式 ③引掛けや磁石固定可能  ④ミニUSB-B端子で携帯充電器からも充電可能

実際点灯してみて天井に近いほど部屋全体が照明できるので、白いフックを天井にねじ込み、本体をぶら下げると夜間の停電下でも真っ暗闇からは解放されます!

普段もフックはあるのですが、同系色にすると全然気になりません。一点要望は、満充電からのロー、ミドル、ハイでのおよその照明時間の目安を取説等に記載してもらえれば助かります。 今後、万一の場合は天井からぶら下げての主照明になりそうです。

引用:Amazon

 

しょーこ
キャンプ以外にも用途があるっていいわよね。一石二鳥だもん
たくみ
そこは外せないよね。そこも踏まえた上で万能グッズだと紹介しているよ

防寒具大事!

寝袋

たくみ
これはねぇ、紹介しようか本当は迷ったんだ
しょーこ
どうして? 
たくみ
ベテランの車中泊キャンプをしている人なら良いけど、冬の車中泊って寒さとの闘いなんだ
しょーこ
それは夏もそうじゃない? 
たくみ
いや、夏場さは避暑地とか朝晩は涼しい場所へ行けるけど、寒いのはどうにもならない
しょーこ
九州や沖縄へ行くしか方法ないわね…

そう。車自体が鉄だから、どうしても冷え込むんだよね。
暖房付けっぱなしも、それこそバッテリーが上がっちゃう。となると、着こむしかない。

マイナスの気温になる場合もあって、冬の車中泊ってあまりお勧めされていないんだ。

でもさ、秋や冬は空気が澄んでいるから、星空とか凄く綺麗なんだよね~。
雪景色の温泉に入ったり、冬ならではの楽しみ方とかもあるし。

ということで、そこいら踏まえて、寝袋を紹介するよ!

深夜に氷点下となる地域に赴き実際に使用してみました。
(防汚の為、ISUKAのシュラフシーツ(コットン)を併用)
外気温マイナス3℃と言う環境の中での車中泊でしたが、シュラフの中は快適そのもので、シャツとパンツ一枚でも全く寒さを感じることがありませんでした
(それでもシュラフの胸元ジッパーを開けていたくらいです)

温度計を持っていなかったので推測ですが、車内温度は1~2℃くらいだったろうと思います。
この性能が3万円弱で手に入ることのなんと素晴らしい事か。

引用:楽天アキタニタ

 

キューピーマヨネーズのCMに出てくる野菜の擬人化じゃあるまいし、ごぼうって…。
見た目はちょと難だけど、暖かを手に入れることが出来るし、車中泊じゃ一目気にしないし、テント内で使えば背景と同化する色だから気にならないと思うよ!
最後は、充電器!

ポータブル電源

しょーこ
ポータブル電源?
たくみ
うん。家庭用蓄電池だね。車中泊以外にも電気が止まった際にも充電出来る優れものだね
しょーこ
でもちょっと高いような…
たくみ
まぁ、そこはね! でもスマホが充電出来るから情報を常にキャッチ出来る点は高評価だと思うよ!

車中泊用に購入suaokiG500を使用していましたが、不具合が出た際の業者の対応が最悪でこちらに乗り換えました。
車内用炊飯器も車のシガレットからの出力と変わらない時間で炊飯ができましたし、
某車中泊youtuber さんのレビューにもあったように、最大出力ではありませんがIHクッキングヒーターが使えました

接続した機器の電源を落とした後しばらく通電が止まらないのは仕様なのでしょうかね。
まだ、旅に出ていないため車中泊での使用は未知数ですが電気毛布や除湿機など使用しますのでこれからが楽しみです。

引用:Jackery楽天公式

 

しょーこ
手持ちが付いてるのがいいわね
たくみ
すっごく大きなものではないから、車の隅に積むことが可能だしね

それ以外には、雪や霜がフロントガラスについた際にはペットボトルに入れた水を積んだり、ホッカイロやブランケットとかあると便利かな。

食事はその地元の美味しいものを食べて、トイレが近い所へ車中泊するのが良いね!
道の駅の駐車場を利用するのも良いけど、車中泊禁止しているところもあるから事前に確認してから行こうね!

 

まとめ

さて、おさらいだよ!

  • 車中泊にお勧めの人数は2名か2名+子供1名ぐらいまで
  • 万能グッズは、フルフラットの車中泊マット、遮光や冷気を防ぐカーテン、充電も出来るLEDランタン、フィンランドの極寒地域遠征軍も利用している寝袋、災害時にも使える家庭蓄電池

車中泊だけじゃなく、災害時にも応用可能なグッズを5つ紹介しました。
是非、冬の車中泊をする際の参考にしてみてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です